ちゃりちゃり!

ちゃりちゃり!世の中に漂うモヤモヤした悩みの種を、一刀両断徹底解説!総合ニュースサイト

旅行

バリ島から日帰りでいける!インドネシアの京都・ジョグジャカルタの見どころ4選

2016/09/14

バリはこころのふるさと

tanah bali

バリ島は多くの日本人を魅了してやまない神秘の島ですよね。バリ舞踊、ガムラン音楽などに癒やされながら森林浴にひたるのは本当に格別の一時です。何でもかんでも慌てふためく日本社会にしばしおさらばして、精神的にゆったりできるのはやっぱりバリ島だけですね。また、山や森だけじゃなく、海岸のエンターテイメントも充実してます。クタビーチなんて、サーファーのメッカと言われるくらいですし、本当に癒されるばかりの島です。

さて、特に男性より女性のほうがバリにはまっちゃって何度も足繁く通うようになるものですが、3回くらい来ると、だんだん飽きてきちゃったりします。クタ、サヌール、ヌサデュア、スミニャック、ウブド...。どこにいっても、エアコンとホットシャワー付きでそこそこ快適なホテルなら5000円も出したら泊まれますし、必ず島の町ごとには外国人向けのパブもある。椰子の木の生い茂る白い砂浜で、カクテルを傾けながら西日の沈むのを見つめるなんて、きゃーロマンチック!(笑)これをひとりの女子旅でしても全然違和感なく溶け込めるのが、またバリの魅力です。

バリだけじゃ飽き足りないなら...

でもやっぱりな〜、どこにいっても便利すぎて、何か刺激が足りない!なんてお思いの方も少なからずいらっしゃると思います。そこでおすすめしたいのがジョグジャカルタへの日帰りワンデイトリップです!ジョグジャカルタは、略してジョグジャです。ここはジャワ島の真ん中の中部ジャワで、今でも王宮が残っている街で、日本でいう京都によく似た位置づけをされます。日本人は、バリ島をインドネシアじゃないと思っている人が少なからずいますね。the・インドネシアといえばやはりジャワ島。そしてバリ島はその右隣にあります。バリ島好きならご存知ですが、バリ島住民のほとんどはヒンドゥー教徒です。毎朝、敬虔な信者たちがお香を焚いてお祈りをしています。なんとも信心深い一面です。このヒンドゥー教というのは、実はジョグジャカルタのほうがからやってきたのです。ですので、バリ島の宗教、それに文化というのは、実はジョグジャにルーツをもっていることになります。ですので、インドネシア広しといえども、バリ島好きの人にとってはジョグジャカルタは非常に親和性があるんです。

ジョグジャカルタの見どころ

1. ボロブドゥール

やはり世界最大の仏教遺跡であるボロブドゥールですね。ここをはずさないわけには行きません。ボロブドゥールは、日本のお寺の鐘の上に一本つまようじが刺さったような(比喩できてないかしら?)、面白い形の円形の壇が無数にある遺跡です。すべて石からできてます。すごいのは8〜9世紀ごろにはすでにできていたということ。日本だと700年代で有名な仏教遺跡といえば、東大寺の大仏なんかがありますね。でも東大寺さんには申し訳ないのですが、同じ時代でいえばボロブドゥールの精密さ、精緻さは本当にすばらしすぎて言葉が出ないほどです。インドネシアは常夏の国ですから、ボロブドゥールをのぼるのは結構しんどいです。汗だくになるのは必須ですから、水の準備は絶対に欠かせません。インドネシアは色々なペットボトルの水が売られていますが、やはりAQUAというレーベルの水が、もっとも品質がよく、またもっとも値段が高い(笑)ので信頼できます(だいたい500ミリリットル1本で40〜50円くらいですね)。ボロブドゥールはお寺ですが、階段になっていて何層も上のほうまで登ることができ、頂上までたどり着くととてつもない開放感を味わうことができます。てっぺんからの眺めは、もはや言葉で言い表すことができないほどの絶景です!ここには多くの仏陀の仏像があり、仏像が遠くを見つめている景色は本当に絵になりますし、思わず写メりたくなる絶好ポイントです。実際、インドネシア人旅行者もバシバシ写真撮りまくってます(笑)四方に広がる景色は、地平線までず〜〜っと緑一色なのです。緑の海に囲まれた、とでも表現しましょうか。とにかく、遠くまで来た甲斐があったな〜としみじみ感動させられる絶景ですので、ぜひ一度訪れてみてください。

Borobudur, Java, Indonesia

世界遺産 ボロブドゥール

2. プランバナン

Prambanan-Temple-Images

世界遺産 プランバナン寺院群

その他にもうひとつの世界遺産、プランバナンという寺院があります。こちらは、先ほどのボロブドゥールが仏教寺院なのに対して、ヒンドゥー+仏教のお寺になります。インドネシアは不思議な国で、最初は仏教徒の国だったのに後にヒンドゥー教へ、そして今では全国民の9割がイスラム教徒というお国柄です。それでもインドネシアのイスラム教徒は、どこかしら仏教徒のような奥ゆかしさ、ゆったり感を感じさせられるものがあります。バリ島にいるとなかなかインドネシアのイスラム文化を味わうことってできないと思いますから、ぜひジョグジャへは足を運んでみてください。そしてプランバナンは、非常にのどかな大庭園(本当に広すぎる...)の中に散在した寺院群です。やはり常夏ですから内部は非常に暑く、かつお水の売り子さんもいないくらい結構閑散としたところですので、熱中症対策には十分お気をつけくださいませ(笑)。ということで、ジョグジャカルタでの世界遺産はこれくらいにして、次はお待ちかね、食べ物とお買い物の話といきましょう!

3. 超おいしい!ジョグジャ名物料理

ナシ・グドゥ

ナシ・グドゥ

食べ物の味つけはバリ島と違って、とてもマイルド志向です、特に中部ジャワは。とにかくしょっぱくなく辛くなく、「ここまで日本人好みの味の国があるのか!」とびっくりさせられるほど、日本人の味なんです。観光客向けに味付けを変えてるんじゃないか?と思い、試しに近くの屋台でも食べてみたのですがやっぱり同じ。インドネシア料理の代表格といえば、ネシア風焼き飯である「ナシゴレン」と、同じく焼きそばの「ミーゴレン」ですよね。これらも地域性があって味わいが結構違ってきます。このジョグジャカルタのナシゴレン・ミーゴレンは、ほんのり甘い感じて、関西風と表現すればいいのでしょうか、本当に日本人に合う味付けです。またジョグジャの郷土料理は「ナシ・グドゥ」。これは、ご飯の上になんでもおかずを載せまくるバリ島の「ナシチャンプル」にコンセプトは似ているのですが、ジャックフルーツ風味の肉味噌が載るのが特徴。これがまたおいしすぎるんです!日本では、どんなマニアックなインドネシア料理屋であっても、絶対にたどり着くことはできません。このナシ・グドゥ」を食べるためだけに、日帰りでバリ島からジョグジャにきてもいいくらいです(笑)ちなみにナシ・グドゥ専門店はたくさんありますが、一番ロケーション的にもおすすめなのは、ジョグジャ最大の繁華街であるマリオボロ通り沿いの屋台。屋台といっても観光地ということもあってか衛生面はそれなりにしっかりしているのでご安心を。御座になっている屋台が何十軒もマリオボロ通り沿いに並んでますから、適当に、できればお客さんがいっぱい入ってそうなところに入るとGOODですよ。特に現地のインドネシア人がこぞって食べたがる店は、だいたいあたりです。だって、日本と中部ジャワの味付けって、全く同じなんですもの(笑)。

4. お土産のおすすめ

kota jogja

ジョグジャカルタ市街(マリオボロ通り)

では買い物は?というと、これもまたマリオボロ通りでだいたいのことは足りてしまうんです。マリオボロ通り沿いには、ブリンハルジョ市場というバティック市場があって、めちゃ激安です。ここのバティック市場は、日本の昭和40年代のデパートに似た趣で、ノスタルジック感が半端ないです。バティックには、①プリントタイプ、②スタンプタイプ、③手書きタイプの3種類あって、①→③の順に値段が高くなります。ただ、日本人が日本に帰って日々洗濯機にいれて着るのでしたら、絶対に①をおすすめします。というのは、スタンプタイプや手書きタイプは、色落ちが激しいからです。インドネシア人たちは、高級バティック=手書きバティックを着た後は、汗をかいても洗わないんです(涙)。においはさておき、やはり頻繁に洗うならばプリントタイプでお願いします。なお、プリントタイプとは服の柄を印刷したものです。基本は工業用インクですから色落ちしないですみますし、値段もバティックですと600円〜1500円程度ですので本当に安い!ここのブリンハルジョ市場(マリオボロ通り沿い)に行けば、バティックの用事はほとんどすみます。最安値は300円くらいからありました(笑)。おみやげにされるなら、お友達のサイズを根こそぎ聞きまわってオトナ買いしちゃいましょう!

マリオボロ通りを挟んだこの市場の向かい側には、おみやげ屋で知らない人はいない「ミロタ」という、ココア飲料のようなかわいい名前の店があります。ここはいわゆる、置物や木工製品のおみやげ屋で、ここもめちゃくちゃ安い!前述のボロブドゥールやプランバナンへいけばおみやげの売り子がたくさんいますが、彼ら彼女らが売っているものはほぼすべてこのミロタに置いてます。そして、値段も観光地の売り子の価格より2〜3分の1程度です。嘘みたな話でしょ?(笑)おみやげの売り子さんたちも、ミロタで買っているという噂があるほどです。ですので、結論をいうと、マリオボロ通りにいけば、衣食住すべて揃う!ということです。

ホテルは?

ホテルはジョグジャのいろんなエリアに点在していますが、マリオボロ付近に宿をとったほうがショッピングやグルメで超便利ですのでそうしてください。またホテルは当日「room available?」と聞くのもいいですが、3000〜5000円程度の宿で朝食付き、ホットシャワー、エアコン付きとなると、先にネットで申し込んでおいたほうが絶対にいいです、ジョグジャの良いロケーションのホテルは競争率高いので..。

まとめ

というわけで皆さん、バリ好きの方ほど楽しめるジョグジャカルタに、ぜひ足を運んでみてくださいね。飛行機もLCCだと、デンパサールからジョグジャまで、片道3000円くらいからあります。これもネットで買うという個人手配がおすすめです!日帰りツアーもありますが、ちょっと高い..。でも語学力などに不安があるのでしたら、ツアーも◎です。何よりも時間をお金で買う、という考えでいくならばツアーが最良の選択かもしれませんね。

-旅行