ちゃりちゃり!

ちゃりちゃり!世の中に漂うモヤモヤした悩みの種を、一刀両断徹底解説!総合ニュースサイト

グルメ 美容とダイエット

ココスの朝食バイキングは、最高の糖質制限ダイエット食!食べ物の選び方マニュアル

cocosasa2

ココスといえば、言わずと知れた朝食バイキングが有名ですね。この朝食バイキングは、全国津々浦々にて実施されています。

基本的には、「土日祝」のみのお店が多いですが、平日も開催しているお店もあります。

「朝からいっぱい食べるだなんて..」とついつい億劫になってしまうあなた!

ココスの朝食バイキングは実は、糖質制限ダイエット的には最高のパフォーマンスを与えてくれるダイエット食なんです。

今日はそのココスの朝食バイキングで「食べるべき食材」「食べるべきでない食材」について細かく解説し、皆様を晴れてイケメン・美女に導く手助けになればと思います。

ココスの朝食バイキング実施店舗は?

さて、ダイエット食として食べるべきもの、食べるべきでないものの解説の前に、まずはどこで朝食バイキングが実施されているかについて解説させていただきます。

ココスは全国津々浦々に立地しているとはいえ、意外にも朝食バイキングを行っていない店舗もちらほらあります。

以下のpdfデータにて、ココスの実施店舗の詳細が示されていますので、ぜひご覧ください。ココスのウェブサイトからの抜粋です!

https://www.cocos-jpn.co.jp/menu_pdf/bvshoplist.pdf

 

 

一般的にココスは国道沿いに立地しており、必ずといっていいほど車の無料パーキングスペースがありますので、車で行く人にとってはありがたい限りです。

朝食バイキングの多くは、先ほども申し上げました通り「土日祝」のみの営業が多く、このような休日営業の店舗の営業開始時間は朝7時が殆どです。一方で平日・休日問わず全日で開店している店舗は、朝6時〜営業しています。

これは働くお父さん、OLさんにとっては最高の話です!頑張れば、朝6時の開店と同時にお店に入り、30分程度で一気に食べれば間に合いますから。

本記事では「それなりに忙しいビジネスパーソンの人々が、いかにしてココスの朝食バイキングを利用して糖質制限ダイエットを行えるか?」に重点を置いて、ココス戦略をご提示して参ります。

ココス朝食バイキングで食べるべき糖質制限食材

糖質制限食においては、言わずもがな「糖質=炭水化物を摂取してはいけない」というのが大大大前提、金科玉条(きんかぎょくじょう)となっています。ですので、基本的には「お米」「パン」「うどん」「甘い系のお菓子」などは絶対に食べてはいけません!

時々栄養学者さんたちが「炭水化物を一切食べないのは危険だ」と言いますが、実際には食べるオカズにもそれなりの量の炭水化物が入っています。

例えばハンバーグ。ハンバーグは、肉だけを考えれば脂質とタンパク質の固まりのようにおもえてしまいますが、実際には多量の小麦粉やパン粉が入っています。当然ながらこれらは糖質そのものです。

とはいえ、「オカズまでいちいち、これはダメあれはダメと考えるのは面倒くさい!ビジネスパーソンは何よりも忙しいのだ!怒」という声も聞こえてきそうですから、まずは「炭水化物そのものである食べ物=※、パン、うどん、菓子類等以外は何を食べてもOK!」というルールを作っておきましょう。その上で、ココスで食べるべきものをリスト化したいと思います。

ココスで食べるべきオカズ類

・ソーセージ

・麻婆茄子

・カレー(具材中心。ルーは少なめに)

・ハンバーグ(ある時)

・唐揚げ

・焼魚

以上、ざっとこのくらいでしょうか。これらは、とにかく「タンパク質」「脂質」源ですから、大量に食べてしまっても大丈夫です!唐揚げには衣がたくさんついていて、これが炭水化物の元凶だという人も居ますが、気にせず食べて下さい。本稿のココス朝食バイキング戦略においては、炭水化物そのものであるお米、パンなどを食べないので、少々唐揚げの衣がついているくらいでも問題ありません!サクサクサクと食べちゃってくださいね。

とにかく、上記6個のオカズは、ハンバーグを覗いて毎日置いてある率が高いですので、ぜひ食べまくってください!

ただし1点だけ注意事項!

カレーは結構炭水化物率が高い食べ物です。これも小麦粉由来の料理ですので、ルーの食べ過ぎは禁物です!その代わり、中に入っているお肉やニンジン、玉ねぎなどをたくさん掬(すく)って食べましょう!

カレーの中の具材は、言うまでもなく貴重なタンパク質です。糖質制限ダイエットにおいては、肝となる栄養素ですので、たっぷり食べて下さい。

ココスで食べるべきその他の食材(野菜・おやつ等)

・キャベツの千切り

・トマト

・わかめ

・その他野菜全般

・納豆

・生卵

・生クリーム

 

ココスさんには申し訳ないのですが、ココスの朝食バイキングのバリュエーションはあまり多い方とは言いがたいところがあります(笑)ただしお値段を考えると、非常にお得なのでそこはご愛嬌(^^;)、上記のオカズをおいしく食べましょう!

野菜の中心はキャベツの千切りです。これにトマト、わかめを乗せて、時々登場するカイワレ大根やオクラなどの他の野菜も付け合わせましょう。キャベツ、トマト、わかめは毎日出てくるスタメンです。これら3つは、ガブガブ食べましょう。

なお、ドレッシングは程々にしておくことがベターです。ドレッシングは低脂肪などをうたうものが多いですが、実態は甘い砂糖など糖質由来でできている場合が殆ど。

そもそも、炭水化物を食べずに「オカズばかり」の食事を行っていると、次第に塩気が要らなくなるんです。しょっぱいものが食べたくなるのは、お米やパンがあるからなんです。これは栄養学的にも証明されており、糖質制限ダイエットは高血圧者にももってこいのダイエット法なんですよ。

というわけで、ドレッシングなしで生野菜をパクパク食べるのも、次第においしく感じてくるはずです。ドレッシングは本当に、悪魔のような魔物ソースですのでくれぐれもご注意を!

そして「納豆」「生卵」は、どんどん食べちゃって下さい。納豆のミニカップを大皿に3つほど空け入れて、そこに生卵をかき混ぜると、あれよあれよと大盛り玉子納豆の出来上がり!これがとっても美味しいんです!糖質の面でもほぼゼロですし、かなりオススメです、ぜひお試しを。

最後に出てきた「生クリーム」については、意外に思われるかもしれませんが糖度がそれほど高くないんです。生クリームは、ワッフル焼き機スペースの前に置いてある場合が殆どですが、ここから生クリームだけを取り出して下さい。

生クリームは、脂質は極めて高く食べ過ぎはあまり良くはありませんが、やはり人間、甘いものも少しは食べたいものです。生クリームはその脂質の高さから満腹中枢がすぐに上がりやすく、生クリームだけをじっくりスプーンで味わうことで、甘いものへの我慢の苦しみから一気に解き放たれる思いがします!最後のお口直しに、ぜひ生クリームを!

ちなみにどうしても生クリームを何かに挟んで食べたい!という人は、ちょっと好みの分かれる食べ方ですが「レタスに挟む」というのをやってみてください。野菜のにおいが少し気になりますが、これは一種の妥協策ですね。

食パンやケーキの上に乗せて食べるのがベターですが、これは極めて体に悪い。何よりも糖質制限ダイエット上は確実にアウト!です。ぜひこの妥協策としての「レタス×生クリーム」のコラボをお試しくださいませ。

まとめ

ココスの朝食バイキングは、平日料金が680円(+税)、土日祝料金が780円(+税)と超お得です!(2016年8月現在)

特に平日は朝6時からやっている店が大半ですから、忙しいビジネスパーソンにも本当にもってこいです。

まずはサラダをたくさんプレートに盛り、別のプレートにオカズを入れる。さらに納豆、生卵を小皿で空け、最後は生クリームでシメ!最高の朝食です。

そしてこの満腹度は、夕方くらいまでは確実に続きます!ここでは腹八分目ではなく、腹9.5分目くらいまで目指しましょう(笑)多少苦しいかもしれませんが、昼食代は浮きます!

ビジネス街での昼食は、コーヒー代もいれたら1000円くらいするものです。ココスの朝食バイキングでは、ドリンクバーも無料で、優雅にコーヒーを飲むことができる。筆者のオススメは、濃いエスプレッソの上に、生クリームを乗せて飲むことです。これがたまらない!これがあるからこそ、朝からも仕事が頑張れる...そんな晴れやかなルンルン気分にさせてくれる逸品です。

ぜひココスの朝食バイキングで、綺麗に、格好いい自分を掴んでください!ポイントは「食べることに苦しみを持たずして痩せること!」それを叶えてくれるのが、ココスの朝食バイキングです。ぜひ試しあれ!

 

 

 

-グルメ, 美容とダイエット