ちゃりちゃり!

ちゃりちゃり!世の中に漂うモヤモヤした悩みの種を、一刀両断徹底解説!総合ニュースサイト

国際 社会全般

知られざるインドネシア華僑たちの暮らしぶりについて〜①概要・全体像

2016/09/09

orang-tionghua

 

インドネシアといえば、人口が2億4000万人程の超大国です。

一国が占めるイスラム教徒の数は中東やバングラデシュなどを抑えて世界一位を誇り、東南アジア諸国連合のASEANの本部が首都ジャカルタに置かれるなど、世界的にもますます立ち位置が強くなる国ですね。

そのインドネシアは、イスラム教人数世界一のみならず、実は華僑の数でも世界一と言われています。そして、面積にして日本の5倍、人口にして日本の2倍であるこの大国インドネシア経済の殆どを、華僑たちが握っていると言われています。

ちなみに華僑とは中国にルーツを持つ移住者のことを指します。

ネット上でも殆ど記事にならないインドネシア華僑の実態について、今回はその日常生活に焦点をあて迫ってみたいと思います。

インドネシア経済=9割が華僑経済

インドネシアでまことしやかに語られているのは、インドネシア経済の9割は、インドネシア在住の華僑によって運営・占有されているという事実です。

これはインドネシアで多少なりともビジネスをしたことのある方なら経験則でお分かりになられるかと思います。そもそも日系企業がインドネシアでビジネス展開する際、その仕入先・あるいは販売先の経営者はほとんどの確率で華僑系企業だからです。

例外としては天然ガスや石炭など国営企業相手であれば、インドネシア現地人(プリブミという)との商談が中心となりますが、やはり民間企業が相手ともなれば華僑との取引が大多数を占めることになります。

ちなみにインドネシア華僑の人口は、インドネシア全体人口2億4000万人に対して800万人程度と言われています。

となれば、「インドネシア総人口の3%にあたる人々が、経済の90%を支配している!」という驚愕の事実が浮かび上がることになりますね。

インドネシアビジネスを制するとは、まさに「華僑を制する」と言っても過言ではないのです。

インドネシア華僑の出身地や宗教について

出身地は福建省。コミュニティでの共通語は厦門(アモイ)方言の福建語

インドネシア華僑の出身地は、その過半数が「中国・福建省」です。その他まれに広東省系も居ますが、やはり福建勢力の強さは尋常ではないのが現状です。

彼らインドネシア華僑たちは、華僑同士の日常語として「福建語」と言われる言葉を話します。この福建語という表現がなかなかクセモノでして、実際には「福建語=厦門(アモイ)周辺で話される方言」を指すからです。

福建省は山がちの国であり、となり町へ行くだけで一山、二山を越えなければたどり着きません。そうなれば必然的に方言は村ごとに異なってくる。本当はインドネシア華僑の出身地は福建省のさまざまな地域であると推察されますが、彼らが最後に旅だった福建省の地が厦門(アモイ)でした。厦門(アモイ)は福建省の海辺の港町であり、ここから移民船が東南アジアへ向けて出航していたのです。「最後に出た福建省の場所の言葉を、現地に着いてからの我々の共通語にしよう」という流れがその時生まれたといいます。

ちなみに、厦門の方言=台湾語です。厦門の対岸が台湾なので、言葉が同じになるのです。

宗教は仏教かキリスト教が大半

人口の9割、すなわち2億人超がイスラム教徒であるインドネシアにおいて、華僑たちの宗教は仏教かキリスト教に大別されます。もっとも、800万人の華僑のうち、過半数がキリスト教徒です。イスラム教徒に負けず劣らず、非常に信仰心の厚い方が多く、日曜日には必ずと言っていいほど礼拝所へ足を運びます。

また仏教徒も数多く存在しており、華僑のための寺院というのがジャカルタやスラバヤなど大都市には必ずあります。小さな都市においても、華僑が集まる華僑会館のそばにポツンとあったりします。なお、最近ではインドネシア政府が「儒教」も正式な宗教として認めましたので、儒教徒も若干数存在します。儒教の信仰者がいくのは「孔子廟」です。これはジャカルタの旧市街であるコタなどに点在しています。

なお、インドネシアでは宗教を持つことが強制されています。ですので、「私は無宗教だよ」などとインドネシア人に向かって語るのは、極めて「何言ってるんだこいつ?」と思われるので注意しましょう。日本はこれこれこういう理由で、宗教なんて信じなくても生きていけるんだよ、という事実を説明する必要があります。

以前、筆者がインドネシア華僑に自分は無宗教だよと語ると、「ということは、あなたは共産主義者ってことかい?」と笑われました。インドネシアでは共産党は禁忌される存在。このように初対面のビジネスパートナーに語られたら、まず相手が嫌悪感を持っているとみていいでしょう。まずは宗教についての価値観の違いを十二分に認識するようつとめてくださいね。

インドネシアの華僑は非常に警戒心が強い

バリ島などに行ったことがある人なら感じた方も多いと思われますが、生粋のインドネシア人たちは非常にフレンドリーで、初めて会った人であれ、親戚のようにやさしく接してくれます。とにかく、初対面なのにいろいろおごってくれたり、あれこれ気をもんでくれたりと、インドネシア国民との出逢いは、旅を楽しくしてくれる最大の醍醐味といっても過言ではありません。

ところが一方で、あまり旅の場面で会うことのない華僑たちは、非常に警戒心が強く冷ややかに感じられることが多い。はっきり言って、愛想は悪いです。そして冷たい。

しかしこれには大きな理由があります。これはインドネシアという国家とそこに住む華僑の歴史に起因しています。

華僑は何度も大きな動乱があるたびに、暴徒化した現地人に暴力を振るわれ犠牲を被ってきました。特に1998年にスハルト政権が退陣する際は、首都ジャカルタの華僑たちは、女性はレイプの上殺され、男性はとにかく串刺しのように殺められたといわれています。当時のジャカルタの旧市街を流れる河は、とにかく真っ赤に染まっていたと言われており、筆舌に尽くしがたい状況であったことがうかがえます。

現地人からしてみれば、「なぜ全体の3%しか居ないマイノリティである華僑が、経済を完全に牛耳っているのか」という不満が強い。それゆえに、常に華僑たちはインドネシアにおいて立ち位置が弱いという実情があるのです。

ただ、仲良くなれば非常に信頼できるパートナーになることも事実。要するに、最初の入り口では彼らは自分の身を守るために、敢えて警戒心を強くするだけなのです。

普通に接していれば次第に心を開いてくれ、ある意味現地人の方以上に信頼できる場合が多いことが分かります。

 

なぜインドネシア経済の9割を華僑が占めるに至ったのか?

インドネシアの首都ジャカルタがあるジャワ島のみならず、スマトラ島、スラウェシ島などの他の島嶼(とうしょ)部にあっても、華僑がその地方経済を完全にコントロールしている場合が殆どです。なぜこのような状況になってしまったのか?

これはインドネシアに限らず、他の東南アジア諸国でも同様に見られます。タイやカンボジア、ラオス、ミャンマーでも、やはりお金持ちは華僑ばかり。

彼ら華僑が口を揃えて言うのは、「それは現地人がlazy(怠惰)だからだよ」です。要するに、中国人は四季のある国であり、寒さ対策という冬支度をしなければならない。食べ物も十分に確保できないため、常に食糧をめぐった戦争状態にある。一方で南国は常に常夏ですので、果物がどこにでも転がっています。とにかく「豊か」なんです。そうなれば一生懸命はたらくインセンティブもなくなりますね。このあたりの「気候差」や「労働に対する価値観の違い」が、華僑に自然とおカネが集まる仕組みを作り出したといえるのです。

 

まとめ

謎に包まれた800万人のインドネシア華僑たちですが、実際には恐れるに足りない人々です。はじめは冷淡に見え笑顔もないように感じますが、信頼関係を結べば彼らほど信用できる人々はいないのです、特にインドネシア国内においては。

現地人の人々はフレンドリーでやさしいのですが、やはり南国らしく約束事を守ることには適当さ加減がにじみ出ています。即ち、結構約束をすっぽかすのです。

一方で華僑たちは、とにかく百戦錬磨のビジネスで戦ってきており、何よりも常に現地人に狙われるという命の危険をおかしてまでインドネシアで暮らしているということからも、「相手との信頼関係」を極めて重視しております。

戦後にインドネシアに進出した日本企業のパートナーは、殆どが華僑。実はこのあたりにその理由があるともいえます。

ちなみに最近の若い華僑たち(3世、4世、5世)たちは福建語さえ話せなくなってきています。北京語を習うこともあるそうですが、もはや中国人としての意識は希薄になりつつあります。日本でも在日コリアンの5世あたりが、もはや本国に対する愛郷心を持たなくなっているのと同様に、結局は華僑たちもインドネシアという国に同化していくのが運命なのかもしれませんね。

次稿は②華僑たちのビジネススタイルに関する内容です。あわせて御覧ください。

 

 

-国際, 社会全般