ちゃりちゃり!

ちゃりちゃり!世の中に漂うモヤモヤした悩みの種を、一刀両断徹底解説!総合ニュースサイト

国際 恋愛

ルーマニア人女性の性格と特徴5つ

2016/09/25

romanian

 

ルーマニアと、聞けば皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?

独裁者チェウシェスク?

伝説の新体操選手のコマネチ?

もしくはつい最近起きた、残虐極まりない日本人女子大学生殺人事件?

まだまだ遠い国、ルーマニアですが、今回はそんなルーマニア人女性の性格と特徴について、でご紹介していきたいと思います。

なお、全てはルーマニアに在住した筆者の豊富な経験に基づきます。ネット上にはルーマニア人についてあれこれと推測だけで書かれた記事がありますが、適当な嘘の多いこと多いこと(笑)

今回は、正真正銘の、「きれいごとゼロ」のルーマニア人像について、赤裸々に、そして辛口に迫っていきたいと思います。

【女性】ルーマニア人女性の性格と特徴

1.ラテン系の血を引くが、イタリア・スペインほどネアカではない

ルーマニア語を多少なりともかじったことのある方であればご存知ですが、ルーマニアはフランス、スペイン、イタリアと同様にラテン系国家とされています。言語のほうもラテン諸語と非常に近く、それゆえにルーマニア人はイタリア語、フランス語などをさっさとマスターし、すぐに出稼ぎに行ってしまいます。

ラテン系といえば、ひたすらネアカで、ワイン片手に歌え踊れの大騒ぎをする人々というイメージがありますが、同じ血を引くルーマニア人はそこまで明るくありません。むしろ、陰鬱(いんうつ)で地味な印象の方が強い。口数はそんなに多くありません。

最大の理由は、「寒いから」といえます。ルーマニアの冬はとにかく冷えます。零下になることは当たり前で、やはり寒ければ言葉もボソボソ言葉になってしまう。日本人でいうところの東北地方の人々に近い性格があります。

性格はどちらかというと、あけすけに語ってくるイタリア人よりも、ぶっきらぼうなロシア人に近いといえます。

2.とにかく親日。ただし東洋人蔑視は激しい

一般的に、日本人は近隣の数か国を除けば、世界中で愛される民族です。日本好きやアニメファンは国境を越えて拡がりを見せているのです。

日本からは直行便もなく、遠い遠い国であるはずのルーマニアであれご多分に漏れず、親日の空気が漂っています。日本人であると聞くだけで、態度が変わります。日本語学習熱も強く、本屋の語学コーナーに行くと、日本語コーナーはアジア系の言語の中では最も大きなブースになっているほど。日本料理への愛着も強く、まず「日本人男性」である時点で、かなり優位な立ち位置に立っていることは間違いありません。

とはいえ、東洋人に対しては、とにかく冷ややかなのもルーマニア人女性の特徴。特に中国人は嫌われまくりです。彼女たちにとって、中国人と日本人の違いを識別することは非常に困難。まず最初に「自分は日本人だよ!」宣言を行うことが、東洋人蔑視を受けないための最大の秘訣です。

3.仲良くなれば、愛情表現はラテン系国家顔負けの激しさ

イタリア人やスペイン人のように、「会ったその日から友達」といった雰囲気はルーマニア人には皆目ありません。そもそも寒い北国育ちですので、心を開いてもらうまでに一定の時間がかかります。

ただし仲良くなればこっちのもんです。とにかくひとたび心を許せば、土足で家に上がるようにプライバシーにどんどん踏み込んでくるのがルーマニア人。とにかく仲良くなれば本当に信頼され、愛情表現も並一通りではありません。アメリカ人顔負けです(笑)。付き合うと決まった以上は、ひらすら愛情を求め続けるルーマニア人女性の気持ちにとことん答えてあげましょう。

4.西欧人のようなサバサバ感はなく、性格はアジアに近い。義理人情を重視する

西欧人といえば、一般的にはビジネスライクでサバサバした印象があります。一見するとオープンマインドで、誰にでもフレンドリーに話しているように見えるものの、核心となる部分には迫ることはありません。ああ見えて、彼らは人間同士で一定の距離をとっているのです。

一方でルーマニア人は日本人に近く、最初はガードが固いけれども、仲良くなってしまえばとにかく優しく尽くしてくれます。もともと、ルーマニアや近隣のバルカン半島諸国では「大家族制」が中心でした。特にルーマニアのお隣に位置するセルビアでは、1家族50人くらいなどが普通だったのです。

このことからも、ルーマニアでは西欧社会にはびこっている「個人主義」という思想は、からきし根付かないことが分かります。どちらかというと義理・人情をとにかく大事にし、男女間においてもとにかく情熱を求めるのがルーマニア人の特徴といえます。

5.素朴で、田舎くさい

これほどルーマニア人女性を表すに言い得て妙な表現はないかもしれません(笑)。

とにかくルーマニア人女性たちは素朴です。嘘をつくのが下手ですし、何事もアナログな発想で処理していきます。

例えば休日である日曜日に、ルーマニア人女性に電話するとします。しかし彼女は一向に電話を取ろうとしない。結局つながらなかったので後日その理由を確認してみると、「その日は洗濯物のアイロンをかけていた」「大好きなリンゴタルトを作っていた」などと答えが帰ってくるのです。

彼女たちの休日の過ごし方は、実に素朴。日本人のようにポケモンGOをしに歓楽地へ行くようなことはなく、とにかくアナログな世界に喜びを見つけることが多い。

今でもルーマニアの田舎では、馬車が使われています。馬車の後ろには大量の藁(わら)が積まれている光景が、現代にも残っているのです。また、羊飼いが羊の群れを連れて、大草原を歩く姿も普通に見られます。

とにかく、「反現代文明」といってもいいほど、素朴な暮らしをするのがルーマニア人です。素朴な中に幸せを求めるのです。

「日曜日に、アイロンをあてながらルンルンと鼻歌を歌っている」。

ルーマニア人女性の人間像は、究極的にはこのように描写することができます。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

ルーマニア人を日本でも日常的に見かけることは多く、現在は関東を中心に約2,500人のルーマニア人が日本に在住しています。そのほとんどが日本人男性との国際結婚。

今回はルーマニア人女性の特徴としては触れませんでしたが、やはり日本の男性を魅了する最大の決め手は、その見目麗(みめうるわ)しい美しさにあるのではないでしょうか。

外見的な美しさもさることながら、その性格が実に素朴であり、どこか昔の日本人のような良さがあるところにも、日本人を魅せつける何かがあるのかもしれません。

ルーマニア人女性と仲良くする際には、肩肘(かたひじ)を張る必要は全くありません。とにかく自然体で、同じアジア人のように接することで、彼女たちもきっと心を開いてくれるはずです。

 

-国際, 恋愛