ちゃりちゃり!

ちゃりちゃり!世の中に漂うモヤモヤした悩みの種を、一刀両断徹底解説!総合ニュースサイト

恋愛 旅行

デートスポットとして大阪城公園を見なおしてみよう!

osaka castle

 

 

大阪城公園。

大阪城といえば大阪観光といえばまずはこれ!というほどの定番コースですね。最近は外国人観光客で溢れかえっていますが、もともとはそうでもありませんでした。

そう、大阪では最も危険でスリリングなデートスポット(笑)だったのです。

1990年台の大阪城公園を知る者としては秘密にしておきたかったのですが、ここは夜になるとカップルたちによって風紀が乱れまくってました。それが最近になって、警備員の人が深夜にウロウロ回るようになりましたので健全な大阪城公園になりました。

ただ、デートスポットとしては今も昔も定番となっています。物見遊山の外国人観光客や、日本人のバス観光客、そして大阪城周辺ランナー、カップル。いろいろな人々が入り交じる大阪城公園は、やはり魅力的です。

回はデートスポットして、大阪城を見つめなおしてみたいと思います。

そもそもデートするにあたって、大阪城の何が楽しいの?

ネット上には大阪城の観光案内サイトが山ほどあります。これらに共通しているのは、大阪城の歴史云々や門の名前など、恋愛するには非常にしょーもない(笑)情報ばかりが陳列されています。

そもそもデートしに大阪城へ行くのですから、歴史は二の次ですよね?ちなみに筆者は大阪城の歴史にはかなり詳しい方ですが、やはりムードを楽しむにはちょっと場違いかもしれません。彼女に対して彼氏が、大阪城公園の往く先々で歴史解説をし出したら、面倒に感じるかもしれません。それはそれで、知的で良い男だとは思うんですがね。

まぁそれはそれでよいとして、ここでは「直感的に楽しめるもの」「ふたりっきりになれそうな場所」などを中心に、大阪城の楽しさを解説したいと思います。

大阪城は、お城の周りの公園こそ楽しい

大阪城のお城に繋がる門は、南側の「桜門」ですが、この辺りは日夜観光客でごった返しており、本当に疲れます(涙)。その前にはお好み焼き、焼きそばのテイクアウト系の店が並んでいますが、あまりコスパが高いとは言いがたい。

一方その裏手にある豊国神社(ほうこく)はそれなりに楽しいところです。もともとは中之島ノ大阪市役所の横にあったのですが、戦後移築されました。この神社は豊臣で、今も豊臣秀頼の像が立っています。意外にも毎日のように結婚式の写真撮影が行われています。その横には結婚式場まであります!大阪市内で結婚写真スポットといえば、神社ならこの他に大阪天満宮や住吉大社があります。自然とこの豊国神社には、男女を結びつけるものがあるのかもしれません。

豊國神社

豊國神社

豊国神社のさらに裏手には、一番櫓(やぐら)と六番櫓が東西に広がっています。本当は一番〜七番まで合計7つの櫓があったのですが、今のこってるのは一番、六番の2つだけです。

この櫓(やぐら)付近で面白いのは、大阪城で最も混雑する桜門からほど近い裏手なのに、ぜんぜん人がいないことです。草木に囲まれた、実に静かなところで、句碑がところどころに並んでいるなど、情緒も満点です。軽く腰掛けられる石などもところどころにあるので、このあたりでのんびりと話し込むのもいいかもしれません。櫓の南側に行けば、大阪城の南側の景色を一望することができます。

大阪城玉造口(大阪城からみて東南方向)を通れば、大きな噴水のエリアになります。ここは観光客より地元民の憩いの場です。おじいちゃんおばあちゃんがほのぼのとひなたぼっこしており、植木市も毎日やってます。このへんはそれなりに賑やかですね。

そこから「大阪城音楽堂」方面へ向かうと、急に静かになります。どこからかラッパの音が聞こえてきますが、これは吹奏楽をやっている学生さんの練習風景のようです。大きな音を鳴らすことのできる場所は、都心ではここくらいなのです。

音楽堂周辺は、木の葉に包まれており、特に秋は一面落ち葉で美しい。人の影はあまりありません。こういう場所が、かつては夜な夜な風紀の乱れる一大スポットでした(笑)

その他ですと、新鴫野橋周辺は、ゆったり座れる岩場もあって結構魅力的です。そして静か。ちなみに地名・駅名として有名な京橋ですが、京橋という橋自体は現在も健在です。ただ、ほとんど忘れ去られているくらいしょぼ〜い橋になってます。江戸時代は大阪で最も賑わった橋だったのにね。この辺りも静かで良い場所です。もともと大阪城周辺というのは、大阪砲兵工廠(おおさかほうへいこうしょう)といって、日本一どころか東洋一の一大武器製造拠点だったのです。ですので、当時の陸軍施設は結構残っていて、例えば大阪城天守閣のとなりにある建物なんかは、旧陸軍第4師団本部だったりします。今は大阪市立博物館跡となっていて入れませんが、見た目は東京大学キャンパスにそっくりでレトロ感がはんぱないです。京橋の隣には、旧陸軍化学分析場の建物が残っています。ほぼ廃墟です(笑)しかも大阪城公園にあるのにほとんど忘れ去られています。

大阪砲兵工廠 化学分析場

大阪砲兵工廠 化学分析場

レトロ建築に難波宮跡...意外にもワクワクできるスポットがいっぱい

大阪歴史博物館

大阪歴史博物館

大阪城公園のもうひとつの楽しみは、武器工場時代の古い建築物めぐりでもあります。これは意外と観光客には忘れ去られてますので、ぜひ見に行ってみてください。

また、難波宮はすごく楽しいです。大阪城の南側に難波宮跡がありますが、これ自体はただの広ーい公園になってますが、面白いのは大阪城の西側にある大阪歴史博物館。

ここの博物館の地下には、難波宮の地下遺跡が今も残っています。そしてその探検ツアーが、毎日無料で実施されてます!特におすすめなのは、15時から毎日行われている、学芸員によるツアー。歴史博物館の地下へ行って、難波宮の遺構が見れるのは大変格別です。デートとしてはほとんど見向きもされないコースでしたが、かなり充実感があります。

難波宮は、ちょうど大化の改新の頃ですから645年前後から存在しています。これは奈良の平城京(710年)、京都の平安京(794年)に比べても実に古い都です。にもかかわらず日本人は難波宮のことをほとんど知りません。まぁ、大阪人が歴史に興味がなく歴史観光開発をまじめにしてこなかったからかもしれませんが(笑)、それにしても難波宮は本当に歴史ロマンにあふれています。

冒頭で「歴史うんちく云々を語る彼氏はめんどくさい!」などと言いましたが、難波宮ばかりは許してあげてください。ここの探検ツアーは歴史知識ゼロでもめちゃ楽しいですので、ぜひ一度参加してみてください。ちなみにツアーの最後には、高床式倉庫にも入らせてもらえます。昔は大阪城の南側には川が流れており、難波宮近辺は一大倉庫群で流通拠点だったようです。こう考えると、大阪城なんてつい最近のものだね〜と思えてしまいます(1583年に築城ですから、まだ400年とちょっとですものね)。

天守閣に入らなければ全てタダで楽しめる!いざ、大阪城へ!

いかがでしたか?大阪城を囲む大阪城公園は、大化の改新から現代アートまで、本当に多種多彩です。にもかかわらず天守閣しか見ないのは本当にもったいない!特にレトロ建築めぐりと難波宮地下遺構ツアーは非常におすすめです。

ぜひ楽しい一時を大阪城で。

 

-恋愛, 旅行